FC2ブログ
-->

空を見上げ、、、きみを想う

hominの空想 と つぶやきの場所。。。

       ♪ はじめまして ♪

はじめまして & いらっしゃいませ^^
管理人の『ソラ』と申します。
この辺境の地にある呟きの場所まで
おこしいただけるなんて ありがとうございます^^
地味ぃ~にやっております^^

続・伝える言葉。。。

私には文才がない。。。当たり前だけど。。。^^;

なので、小説を綴っているたくさんの書き手さんが羨ましい^^

読んでくうちに、自分の心と重なり合っていくのが分かるから。。。

恋しい気持ち・・・切ない気持ち・・・嬉しくなる気持ち・・・
傷つけてく気持ち・・・傷つく気持ち・・・

人を想うとき、色々な感情が溢れてきますよね。。。

その気持ちを自分色に染めて愛情込めて活字に変えていく。。。

そのお話に出逢えた時、私はいつでも感謝したい。

 『 あ り が と う 』の言葉とともに。。。

   ***************


このサイトを始めて、半年近くが経つ。。。

相変わらず文才がない私だから、
大好きな書き手さんの小説を読みに行ったりしてる。
そして、泣いて笑ってドキドキワクワクして・・・。

こんな私が、つい最近になって、何を思ったのか
小説とまではいかないお話を綴るようになった。。。

ド素人が書く話だから、下手で当たり前。。。
いろんな想いはあるけど 自分でお話を書いてみて思ったことは・・・

1つの作品に自分の思いを描くから、物凄く葛藤があるという事。。。
気力も必要だし、毎日のように更新している書き手の人達の事を思うと、
【羨ましさ】半分と、それ以上に【尊 敬】の気持ちの方が大きい。

オマケに、初めてコメントを書いてもらった日は
自分でも言いようのない感情が湧いた。。。

嬉しかった・・・ものすごく・・・ドキドキもした。


いろんな気持ちをくれた皆さんに、
   『 あ り が と う 』の感謝の気持ちを再び送りたい。。。

星降る夜に 9


~ yunho side ~


チャンミンと見るその星空は
どこまで綺麗なのか・・・

今はそう想う気持ちでいっぱいなんだ。

尊き人



まだ・・・





息を潜めたまま





互いが求める




秘事の場所








線を描くように



指先を滑らせる





記憶が蘇る





忘却の彼方にいる



尊き人





******************** 

いつも見ていただきありがとうございますアリ(´・ω・)(´_ _)ガト♪

 ゆっくり更新ですが、ランキングに参加してます^^

 ポチッとしてもらえると嬉しいです^^

 



 



【 ヴァンパイア 10 ~ シアワセ色の花 ~ 】



通りすがりに花を買いに来た僕に、
真摯に応えてくれる花屋さん。


「 あ、そうだ。折角なんで、この店に初めて来られた事と、
ご両親の結婚記念日を、私からも祝わせて下さい。
この店からのサプライズだと思って…ね(笑)」


片方の唇の端をきゅっと上げながら、
僕を見て柔らかく笑った。